スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夏が過ぎ冬を迎えました
みなさん、お久しぶりです。


えさかっちです。



・・・って、見てないよねぇ。誰も。


もう、この1年、ブログというよりも毎回

生存報告してるようなもんですよ。



俺は生きている。プリンも生きている。かりんだって生きているんだ。

友達なんだ?♪

ってもう自然と口ずさんでしまうくらい、生命力に溢れて、このまま
野生に帰しても、ここいらの森の主になってそうなバイタリティが
この2匹には標準装備されている。


ぷりん

「そーゆー父ちゃんの後ろに死神が見える。」


かりん

「体が透けて見えるよ。」



あぁそうさ、夜空を見上げるとな、常に死兆星が輝いているんだ。



とまあ、仕事もプライベートも常に向かい風で、これを書いてる余裕なんて
ミジンコ程もなかったこの1年。

仕事は俺より忙しいはずなのに、カレンダーなんて作ってるまつざかさんの
力の源は家族なんだろうなと。


「いい歳してフェレットと戯れてないで、結婚相手探せっ!」

なんて周りからダメ出しもされて、そうか世間じゃそう思われているのかと
見つめ直したり。



今まで取り立てて趣味のなかった俺が、暇つぶしに気ままに
つらつらと書き連ねたものが思いのほか喜んでもらえ、
「これこそが俺のアイデンティティだ。」
と充実した日々を送ることができた昨年。


あの時のような気持ちになれない限り、これを続けていくのは
無理だと感じ、一旦今日で区切りをつけたいと思います。



それでは、またどこかで会いましょう。
スポンサーサイト
【2007/12/03 01:19】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(27) | page top↑
デリケートな問題
三十路を迎えてはや1年が経とうとしている。


この30という歳。




鬼門であります。ターニングポイントです。
お肌の曲がり角です。


「三十にして立つ」


立ちません。 落ちるだけです。



アンパンマンの頭よろしく、体が30歳用のものに
すげかえられたらしく、食ったものが全て腹の周りに
蓄えられるというラクダ仕様に。


んなことも知らずガツガツと食っちゃ寝してたある日。


風呂上りに気付いた。



「えっ!?なにこの浮き輪?」




そして泣く泣くビリー教官の世話に・・・。





だが、類は友を呼ぶとは言ったもので、
こんなところにもメタボリっ子が。

06271


飛行機能を備えたアスリート体型のプリンに対し、
じゃーんぷ

結婚30年目で完全に女を捨て、ワイドショー見ながらせんべい
食ってるおばはん体型のかりん。



追いかけっこでも、軽快なフットワークで飛び回るプリンに
対し、どたどたとガニ股で走るかりんは、

もはやスーパーの特売セールに我先にと向かう
おばちゃんにしか見えない。




自分のことはさておき、かりんのプニ腹がたまらず
しつこく追い回し激写を試みた。

「恐縮です!」





そして、

06272


・・・女に歳と体重は聞くな。手に穴があく。


【2007/06/28 01:19】 | フェレット日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
当たり前な光景
生まれてこのかた、プリン以外のフェレットを知らないもので、
こいつが俺の中でのグローバルスタンダードフェレ。


ということで、意外な行動も
「これがフェレってやつなのね。」となんとなく納得していた。



例えばこんな話。


ペットとのふれあいの場と言えば、おやつをあげる瞬間。

普段そっけないのに、この時ばかりは目をキュルルンとさせ
可愛さ3倍のハムスター。


わかっちゃいるんだが、「もう、仕方ないなぁ。」
目尻下げっぱなしのえなりくんになっちゃうのだ。


普段せっせと餌やり、糞の片付けをしたご褒美ですから。
ペットにとっても嬉しい双方大満足なイベント。




なのに、なのに・・・、うちのプリンときたら



掛け値なしに興味0%



「次はいけるかも?」なんて期待すらさせない、

もう圧倒的に無視。


正直、フェレおやつメーカーに抗議文を送りつけてやろうかと。
(バイトだけは別ですがね)




ある日、買い物を済ませ帰ってくると、すかさずプリンによる
入国審査が始まった。


スーパーの袋は二つ。

一つはフェレットフードとフェレ用おやつの入ったもの。

もう一つは俺の食料品。




プリンはまよわず・・・、


人間様の食い物のほうへ飛びついた。

06251

「これは・・・、怪しい匂いがするわね。こっちで精密検査しましょう。」



・・・俺の明日の朝飯をどうする気ですか?


06252

「だぁかぁらぁ、これはヤバイんだって! 渡しなさいよっ!



この異常としか思えない執着ぶりに、これはただのアンパンではなく
中にダイヤモンドか、米政府の機密情報の詰まったマイクロチップでも
入っているんじゃないかと疑ってしまう。



そんな感じで、おやつをあげるというイベントが
我が家ではパンの取り合いに化けてしまい、不完全燃焼な俺。





かりんを迎えてからのある日。


偶然フェレおやつを見つけたかりん。


「召し上がりますか?まぁ、口に合うかどうか分かりませんがね。」
7割方投げやりな態度であげてみた。

06254

「!?  めっちゃいけますやん、これ!」





・・・。





それだっ!俺の求めてたリアクション!



1年越しでようやくイベントの参加権を得たようだ。
【2007/06/25 01:39】 | フェレット日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
それは教えておきたい
どうも。

流行にのって「ビリーズブートキャンプ」にトライしたところ、
1日目にして全身が悲鳴を上げ、ビリー教官に殺意すら
感じているえさかっちです。



幾度とないスパーリングとガチンコ勝負の末、すっかり
打ち解けた感のあるふたり。


プロレスでは弟子に甘んじていたプリンも、この部屋のことと
なると、さすが主たる雰囲気でかりんに応対。


「ほらほら、ここにスーパーの袋がたくさん詰めてあって、
よりどりみどりなのよ?♪」

06191

「今日は?なんかご機嫌だからぁ?、ドンキホーテにしようかしら。」


「えぇ?、これとか超ヤバくない?セブンイレブンの新作じゃん!」




なぜこの生き物はビニ袋をこよなく愛するのだろう?
いやもしかしたら♀は何か袋状のものを欲する
本能があらゆる動物に備わっているのかもしれない。



「この家にいてここ(お風呂)に来なかったら、人生の3分の1は
損してるわね。」


マイフェイバリットスポットも惜しみなく披露。
06193

「シャンプーとお風呂の蓋を豪快に倒すのが基本よ。」

「えぇ?、それ超ウケルんですけどぉ♪」


そして間もなく、かりんにとってのフェイバリットスポットとなった。



もはや俺の癒しの場はないらしい・・・。



「ほら、あんたも入ってきなさいよ、ゴミ箱。」

06192

「掘り出し物見つけて、すかさずアジトへ持ってくの。」


最近部屋のあちこちがゴミだらけになっているのは、
怪盗キャッツアイに新メンバーが加入したに他ならない。



と、こんな感じでメジャーどころから穴場スポットまで、
この部屋のガイドをしてくれたお陰で俺の片付けが
追いつかなくなり、

挙句には、片方が風呂場でイタズラし、俺が現行犯逮捕して
いる最中に、もう片方がゴミ箱をひっくり返しお目当てのものを
持ち去るという高度なオトリ犯行を編み出した。





俺は、負けない。
【2007/06/20 02:15】 | フェレット日記 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
ふたりの関係
いつものようにお風呂から上がると、娘たちの
フライングボディアタックを受ける日々。


からだを拭くバスタオルに異常な反応を見せているのか、
俺が風呂に入っている間は遊んでもらえないうっぷんが
溜まっているのか。


とにかく、こっちがもっとも無防備な状態な時に
もっとも戦闘力が上がったフェレは危険きわまりない。

しかも向こうはダブルスときた。

1匹をかわしても、その死角からもう1匹が襲ってくるという
「ジェットストリームアタック」を仕掛けてくる連携の良さに
お手上げ状態。\(?"?)/



もはや昨日今日のコンビではないこの二人だが、
ここに至るまでには血と汗と俺の涙が止めどなく
流れたのだ。




かりんを迎えて間もない頃。

なんだかよく分からないが、本能のおもむくままかりんに
バトルを仕掛けるプリン。
06171


そのボディアタックを軽くいなし、くるっと体勢を変え
マウントポジションで絞めにかかるという、総合格闘技出身としか
思えない動きを見せるかりん。



それは、姉妹が和気あいあいと遊んでいるというよりも、

師匠と弟子の修行風景。



師「わきがあまいっっ!」

弟「オスっ、先生!」



そのうち師匠もテンションが上がってきて、もはや修行などという
のん気なものではなくガチンコ勝負が始まり、部屋中が
バトルコロシアムに。




ちょ、ちょっと今日はそれくらいにしたほうが・・・。

06172




・・・。





って、悟空とフリーザの戦いに

ヤムチャが参戦できるかっ!







そんな日々が続いたある日。


06173

師「ま、参った!」



ついに免許皆伝の日が訪れた。
生まれ持ったニュータイプの力が、経験不足の壁を越えたのだ。





そして、今日も俺のアキレス腱を執拗に狙うハンターがふたり。。。
【2007/06/18 22:00】 | フェレット日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。